カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】

コンテンツ一覧

銀行と消費者金融

クレジットカードと貯金箱

用途に応じた選び方

カードローンの商品を取り扱っている金融機関は、消費者金融だけでなく銀行でも取り扱っています。では、どちらで申込みをしたらいいのかですが、借入限度額の大きさを重視するなら銀行カードローンで申込みをすることです。銀行カードローンは、消費者金融のように総量規制の適用対象外となるローンです。貸金業者ではありませんので貸金業法は関係なく、年収の3分の1以上の借り入れをすることもできます。大きい借入れ限度額なら銀行となるのですが、2018年は過剰融資が問題となったことから銀行カードローンの借入限度額も消費者金融のように貸付額に自主規制するという動きもあります。即日融資を行わなずに慎重に審査をすることも検討しているということもあり、急な資金需要に対応するには借入限度額が年収の3分の1以下と制限されてしまいますが消費者金融であれば最短で即日での借り入れも可能です。ただ、消費者金融系のカードローンは金利が高めに設定されています。ほとんごのカードローンが18.0%に近い金利です。金利の低さを重視するなら銀行です。銀行のローンであれば、金利が高くても14.8%程度ですので特段すぐにでもまとまったお金が必要でないのであれば、銀行カードローンに申込みをしたほうが有利です。ローンは総額で考えます。金利が高ければそれだけ、利息がかかるのでトータルで支払う返済金額も多くなります。借入限度額だけでなく金利面も重視してカードローンを選びます。

Copyright© 2018 カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】 All Rights Reserved.