カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】

コンテンツ一覧

カード

銀行と消費者金融の違い

借りれるのであればカードローンはどこでもいいのではなく、銀行と消費者金融を比較すると違いがあります。一番違いが分かるのが金利です。消費者金融は18.0%が相場ですが、銀行は高くても14%代であります。

積み木とそろばん

ゆとりの長期返済

総量規制で年収の3分の1以上の借り入れをすることができない、まとまった大きい金額が必要なのに困っている方は、不動産担保ローンがあります。無担保ローンと違って、金利も低く大きい金額の借入ができることが特徴です。

模型と硬貨

住宅購入時の税金の控除

住宅ローン控除は確定申告をすることで、10年間所得税が控除され、税金が戻ってきます。サラリーマンの場合はその年の所得税が予め勤務先で源泉徴収されているため、確定申告をすることによって納め過ぎた税金を還付してもらえます。

クレジットカードと貯金箱

銀行と消費者金融

借入限度額の大きさで選ぶのであれば、銀行のカードローンです。急な資金需要ですぐにでもまとまった現金が必要なのであれば消費者金融なら最短で即日融資を受けることも可能です。金利は銀行の方が低くなっています。

貯金箱

ローン会社選びのポイント

カードローンの商品を取り扱っている金融機関は、数多くありますが主に銀行系と消費者金融系があります。それぞれで金利が低かったり優遇条件があるなど特徴がありますので、よく比較して自分に合ったカードローンを選ぶことです。

お金が必要な時に利用

電卓と紙幣

情報収集が大事

普段は特にお金が足りなくなることはなくても、急に結婚式やその他の行事が重なってしまって、毎月のお給料ではどうしても足りない場合は困ります。お金を貸してくれる人が近くにいれば良いですが、近くに貸してくれる人がいない場合は、カードローンで借りましょう。カードローンでお金を借りる場合は、どこのカードローンを利用するのが最も良いかを確認します。確認方法はいたって簡単で、インターネットを使ってカードローンの金利の比較検討サイトをチェックします。大手のカードローン会社の情報が細かく掲載されていますし、さらには金利がどれくらい違うのか等確認できるようになっています。また、カードローンの比較サイトによっては、実際にカードローンでお金を借りた人の口コミ情報のチェックも可能です。金利が、最も大きなチェックポイントになりますが、その他の条件もできるだけ比較検討しておきましょう。金利が低ければ低いほど無駄な利息分を返済する必要がなくなります。ですから、比較検討した時は金利が低いところがおすすめです。初めてのローンの場合は、一定の期間においては金利が発生しないこともあります。今はとても多くのローン会社がありますから、他のカードローン会社との違いを明確にしてお客さんを獲得するために必死です。この必死さをうまく活用すれば、お金を借りる自分が得することになるため、情報収集と比較検討はとても重要なのです。お金を急いで借りないといけない場合を除き、カードローン会社はじっくり比較検討しましょう。

Copyright© 2018 カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】 All Rights Reserved.