カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】

コンテンツ一覧

銀行と消費者金融の違い

カード

限度額や利率に違いが

カードローンといわれる金融商品には、主に銀行系と消費者金融系があります。銀行系のカードローンの特徴としては、消費者金融と比較すると金利が低いことが特徴です。消費者金融の金利の相場が18.0%であるのに対して銀行は高くても14%代ですので、これだけ比較をしても支払総額のことを考えれば銀行のほうが有利になります。そのため、借りれるのであればカードローンなんでどこでもいいというのではなく、誰も高い金利を好んで払う人はいませんから、返済シミュレーション等で比較をすれば分かりますが消費者金融と比較すると圧倒的に利息の負担で有利なのが分かります。また、銀行カードローンはその銀行の口座を開設していて住宅ローンなどの商品を利用していると優遇金利を受けることができるサービスを実施している銀行もありますので、さらに金利を引き下げてもらうことができるのです。しかし、デメリットとしては審査が消費者金融と比較すると難易度が高いことが挙げられます。また、即日融資をしている銀行が少ないです。銀行カードローンの審査は、銀行が行うのではなく保証会社となっている消費者金融が行っています。そのため一時期銀行カードローンでも即日融資する銀行が増えつつあったのですが、2018年以降過剰融資防止の観点から自主規制で貸付額を規制したり即日融資を取りやめていますので、スピード面では消費者金融となります。そのため今すぐにでも現金が必要な方は消費者金融を選択することです。

Copyright© 2018 カードローン契約時には金利をチェック【確認方法はいたって簡単】 All Rights Reserved.